【参加募集】火のワーク in  千葉

~火を灯して映し出す「幸せ」の道のり~



インディアンのある古老が、今から20年近く前に言いました。


「火は、われら祖先に幸福をもたらした最も大きなギフトだ。」


人は火にあたって暖をとり、火を使って食事を作り、火を囲んで語り合った。

人々の暮らしは  火と共にあって  火を通して人々の『幸福』が見えた。

「火のワーク」では・・・

森へ入り、薪となる枝を拾う。

それを組み上げ、与えられたマッチ4本だけで着火。

立ち上がる火、燃えあがる、燃え尽きる・・・

高さ160cmに設置された麻ひもをきることが目標。


サバイバルの知識、インディアンの世界観、

「今の自分」を知ることができます。



「火」と向き合うプロセスの中で、

きこえてくること、見えてくること、感じることは、

あなたにとって大切なサインかも。


火を灯して映し出す「幸せ」の道のり。

アナタの幸福のあり方を見つめてみませんか?


開催日:019年11月 9日(土) ~ 11月10日(日)

場所:千葉県茂原市 茂原駅付近


イベント詳細・申込みはこちら

https://www.reservestock.jp/events/375470?fbclid=IwAR3w0fjL_Bu6RsPuio-lEDt5f4ddHz5BvpejMGnXcgezOQlfYjU8HmXurUk




最新記事

すべて表示

BE WOLF CAMP @清里

<背景とねらい> かつてないVUCA時代(複雑系社会)において、全く新しい組織のあり方、リーダーのあり方が求められており、「ティール組織」等の本も注目を集めています。 近代以降、人組織のメタファーは「機械」でした。そしてこれから求められているメタファーは「生態系」だと言われています。 このきわめて早いスピードで変化する複雑な社会ーVUCA時代ーにおいては、機械のように決まり切ったヒエラルキー、ルー

マザーアースエデュケーションメールマガジン「ネイティブアメリカンの世界を通して私になっていく道〈タオ〉」

松木正が繰り広げる世界や、ワークショップの情報などをお届けします。

メールマガジン「あからん ヘヨカルタ」

アメリカ大平原に住むラコタ族の人たちは、「カミナリのヴィジョンをみるものが、ヘヨカ(トリックスター)になるんだ」っていうんです。松木もヘヨカなんです。アナタをマツキ的トリックスターの世界に誘いたいんです。

リンク

参加者や、スタッフなど私達につながる方たちのホームページです。

© 2017 Mother Earth Education All rights reserved.